沖縄アロエ 沖縄アロエホームページへ

沖縄アロエ-スタッフブログ|アロエ一筋20年。栽培、製造すべてにこだわった自慢のアロエ商品です!自然豊かな沖縄の名護から心を込めてお届けいたします。

Q.アロエベラってアロエとは違うんですか?

Q.アロエベラってアロエとは違うんですか?

A.アロエというのはアロエ科アロエ属の多肉植物の総称で、アロエベラはその中のひとつです。
実は、アロエは現在知られているだけでも300種類もあります。
そのほとんどが、アフリカ大陸南部、マダガスカルに集中して生息しています。
日本では沖縄だけでなく、九州や瀬戸内海、伊豆、千葉などにも自生しています。
日本で見られるアロエは、キダチアロエアロエベラの二種類が多く栽培されています。

沖縄アロエのアロエベラジュースにはこのアロエベラが使われています。
アロエベラとは、食用のアロエです。
世界的には「アロエ」と言うとアロエベラが一般的です。
アロエはワシントン条約で保護されており輸出入が禁止されています。
しかし、アロエベラだけは例外措置されています。
アロエベラは寒さにめっぽう弱く、茎がないか非常に短い茎しかありません。
放射状に葉をつけていきます。
アロエベラジュースに使われている「ゲル」と呼ばれる部分は、葉の部分です。
硬い表皮に覆われており、この表皮をむくと、皆さんが良くご存知のヨーグルトなどに入っている葉肉が出てきます。
アロエベラは葉が厚いため、苦味が少ないのが特徴です。
アロエベラを太陽の下育てられるのは日本国内では沖縄だけです。

一方キダチアロエはというと、低温に強く、日本の冬でも適応できます。また、比較的簡単に栽培できるので、鉢植えで家庭菜園をしてらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
キダチアロエは成長すると茎が気の幹のようになります。日本で「アロエ」と言うとキダチアロエが一般的です。
キダチアロエは、アロエベラに比べて葉が薄いため、硬い表皮の部分をきれいに除去することができません。
そのため、苦味を感じます。
キダチアロエは主に、塗り薬に使用されます。