沖縄アロエ 沖縄アロエホームページへ

沖縄アロエ-スタッフブログ|アロエ一筋20年。栽培、製造すべてにこだわった自慢のアロエ商品です!自然豊かな沖縄の名護から心を込めてお届けいたします。

Q.沖縄アロエアロエベラジュースに使っているアロエベラは無農薬ですか?

Q.沖縄アロエアロエベラジュースに使っているアロエベラは無農薬ですか?

A.はい。沖縄アロエのアロエベラジュースに使用しているアロエベラは、沖縄県名護市で農薬や化学肥料を一切使用せず育てたアロエベラだけを使っています。
アロエベラは本来、害虫に強い植物ですので、殺虫剤などの農薬は使う必要がありません。しかし、アロエベラの栽培に良く使われているのが除草剤です。雑草が邪魔をして、アロエベラに日光が当たらないことで、立派なアロエベラが育たなくなります。しかし、アロエベラの畑はあまり広くないので、除草機を使うことができないところも多くあります。そこで、大抵の場合は、除草剤を散布します。これでは、せっかく無農薬で育ててもあまり意味がありません。また、除草剤は、土にもよくありません。次世代に山原(やんばる)の自然を残し、持続可能な農業の一端を担っていくことは、やんばるで暮らす私たちの使命ですから、むやみやたらにやんばるの土地を汚すようなことはしません。ですから、沖縄アロエで使用しているアロエベラの畑の雑草たちは、手作業で除去していきます。灼熱の太陽の中、この作業は大変骨の折れることです。農家さんたちに大変感謝しています。皆様に安心してアロエベラジュースを飲んでいただきたい、やんばるの自然を次世代に残したい、そう考えておりますので、沖縄アロエの自前の農園では、社長自ら雑草をせっせと抜いています。人の手で遣っているので、少し雑草が残っているところもありますが…除草剤を使っていない証拠だと思ってください(^o^)/
アロエベラの畑

■アロエ農家さんにお話を伺いました■
2011年からアロエの栽培を始めた契約農家の安里さんにお話を伺いました。
今回写真を撮りに行かせて頂いた畑は約300坪。収穫時期をずらす為に名護市や本部町にいくつか畑があって、今は全部合わせると1,500坪あるそうです。「アロエベラは2~3年かけて成長するもので、ここのアロエは約1年半のだからまだ小さいよ。」と安里さん。「アロエベラは虫も来ないから、農薬も化学肥料も一切使っていません。生命力が強い植物だから簡単かと思っていたけど大変です。毎日草刈りに追われるし、稀に寒すぎる日や雨が降らずに乾燥する日には、葉っぱが赤く変色してしまうので難しいね」。これからはネットを設置して、よりアロエベラにとって良い環境を作りたいとお話してくれた安里さんは、アロエベラを大事に育てている農家さんでした。沖縄の太陽をたくさん浴び、きれいな水で育てたアロエベラは栄養たっぷり。私達は丹精込めて育ててくれた新鮮なアロエベラを使って、最上級のアロエベラジュースを製造しています。